『津南学』5号 刊行

『津南学』5号が刊行となりました!

好評をいただいております『津南学』の5号が発売となりました。『津南学』とは、大地・自然・歴史・民俗など様々な分野から「津南」を知る本です。
この5号には、ジオサイトとなっている今井城跡についての論文や、古型マンモスの臼歯化石発見者の1人である高橋紀久郎さんによる当時の回想録のほか、平成27年度苗場山麓ジオパーク学術研究奨励事業報告の概要などが掲載されています。ぜひ、秋の夜長に1冊いかがでしょうか?
農と縄文の体験実習館なじょもん、津南町観光協会、栄村・津南町のお土産店、書店などで好評発売中(1冊1620円)