結東のシシ穴

結東のシシ穴

スノーシュートレッキング

スノーシュートレッキング

結東のシシ穴

結東のシシ穴

結東の「シシ穴」と呼ばれる、萌木の里の裏側に見ることができる柱状節理は、約77万年前に噴火した鳥甲山(とりかぶとやま)の溶岩です。前倉(まえくら)溶岩(ようがん)とも呼ばれる鳥甲山の最初の活動の火山砕屑物です。柱状節理が発達した安山岩の溶岩は、布岩山の東から穴藤まで北へおよそ20km以上も流れ、先端は魚沼層群上部に堆積しました。
 遠くから見ると、一枚の平滑な浸食面として見える崖ですが、近寄るとロウソク状に浸食されている様子が観察できます。これは雪崩による浸食の跡です。
 「シシ」とは「アオジシ(カモシカ)」のことで、カモシカのねぐらがあることからこの地名がついたそうです。
 また、この場所は雪が積もることによって岩壁の真下まで近づくことができ、柱状節理の様子を詳細に観察することができます。

よみがな
けっとうのししあな
種別
地質
所在地
新潟県中魚沼郡津南町結東
緯度・経度
36:54:58.466683・138:37:47.995214
アクセス
津南町役場より車で約30分+徒歩約20分
トイレ・駐車場の有無
トイレ…有 駐車場…10台
備考・その他
連絡先
津南町観光協会 … TEL 025-765-5585
萌木の里   …  TEL 025-767-2000