長瀬新田遺跡出土土器(個人蔵)

長瀬新田遺跡

長瀬新田遺跡出土土器(個人蔵)

長瀬新田遺跡出土土器(個人蔵)

 長瀬新田遺跡は、志久見川左岸、標高約520mの朴ノ木坂段丘面に位置する縄文時代の遺跡です。
 本遺跡からは、5,500年前の火焔型土器が出土しており、当時の集落が形成されていたと考えられます。

 さらに、この資料は、津南町の縄文時代の遺跡や文化、当時の人々との繋がりがあった事を示しています。

よみがな
ながせしんでんいせき
種別
文化
所在地
長野県下水内郡栄村長瀬新田
緯度・経度
36:57:15.403513・138:34:33.325930
アクセス
栄村役場より車で約25分
トイレ・駐車場の有無
トイレ…無 駐車場…無
備考・その他
見学不可
連絡先
栄村役場 … TEL 0269-87-3111