森宮野原駅 最高積雪7.85mの標柱

森宮野原駅 最高積雪7.85mの標柱

森宮野原駅 最高積雪7.85mの標柱

森宮野原駅 最高積雪7.85mの標柱

 昭和20年の豪雪の際に、森宮野原駅付近で最高積雪7.85mを記録しました。積雪量は当時としては日本一で、その凄さを示す標柱が立てられています。当時、2階建ての家の屋根まで雪が積もり、電柱の電線をまたぐことができたと言います。当地域を東西に流れる千曲川・信濃川の谷は積雪量が多く、現在も最高積雪が4mを超えることがあります。この川に沿って走る飯山線沿線の白鳥〜森宮野原間は、日本海からの距離が最も近く約30kmほどです。そのため日本海上から高田平野を経て、関田山脈を吹き上げて雪を降らす北西季節風を最もよく受ける位置にあるために積雪が多いと考えられます。現在でもJRの管轄する駅においては日本一の積雪記録となっています。 
 森宮野原駅は、長野県長野市の豊野駅から新潟県長岡市の越後川口駅に至るJR東日本飯山線の駅です。この駅名は、駅が位置する長野県栄村の森と近接する新潟県津南町の宮野原の2つの集落名を合わせてつけられたものです。
 大正時代、新潟県議会議員であった島田茂(津南町)の尽力によって飯山線が引かれ、駅が設置されました。

よみがな
もりみやのはらえき さいこうせきせつのひょうちゅう
種別
自然
所在地
長野県下水内郡栄村森
緯度・経度
36:59:21.001196・138:34:38.462711
アクセス
栄村役場より徒歩約3分
トイレ・駐車場の有無
トイレ…有 駐車場…30台
備考・その他
連絡先
森宮野原駅交流館  … TEL 0269-87-3311,