苗場山

8月30日ガイド養成講座第10回「現地研修」開催

【日時】8月30日(土)午前9時~午後3時半

【スケジュール】
 午前 見倉橋・小赤沢の保存民家、ユモトマユミの大木・とねんぼ・苗場神社など
 昼食 苗場山神社にて
 午後 黒駒太子堂・大瀬の滝・前倉橋・旧鳥甲牧場など

【ガイド】
 佐藤雅一・佐藤信之

【参加者】47名

今回は、見倉橋からスタートして、映画の舞台にも起用された見倉橋から美しい中津川渓谷を観察しました。橋への歩道脇には、石仏がひっそりと佇んでいました。
次に小赤沢の保存民家へ。この地域でも今ではほとんど見られない茅葺屋根、内部には囲炉裏や土間があり、民具のほか養蚕道具なども置かれています。この民家の近くにあるユモトマユミの大木を観察している時にはカモシカに遭遇しました!

見倉橋から美しい渓谷を観察

見倉橋から美しい渓谷を観察

生活の道具や養蚕道具が残されている小赤沢の保存民家

生活の道具や養蚕道具が残されている小赤沢の保存民家

”とねんぼ”では、ジオだけでなく昔の秋山郷の暮らしも見ることができます

”とねんぼ”では、ジオだけでなく昔の秋山郷の暮らしも見ることができます


苗場神社、黒駒太子堂を巡り、大瀬の滝では、水しぶきを感じながら結東層を観察、前倉橋でも美しい渓谷を見ながら、旧鳥甲牧場へ。途中、苗場山のビューポイントでは、あいにくの霧で苗場山がよく見えませんでしたが、今は活動していない鳥甲牧場では、周囲を山々に囲まれているのにこの広大な場所は平坦で、かつて湖だったという話に驚きました。

苗場山などの山開きが行われる苗場神社と十二社

苗場山などの山開きが行われる苗場神社と十二社

大瀬の滝は、結東層とよばれる当地域で一番古い地層にかかる滝

大瀬の滝は、結東層とよばれる当地域で一番古い地層にかかる滝

聖徳太子を信仰の対象とする黒駒太子堂

聖徳太子を信仰の対象とする黒駒太子堂