まずは先生の標本を見せてもらい勉強

10月5日ジオツアー 「津南町の川の石くらべ」

10月5日、苗場山麓を流れる3つの川、清津川・中津川・志久見川をめぐり、川原の石を観察するツアーを行いました。講師は仲野浩平先生。
みんなでいろいろな石を採取して、種類の違いや起源はどこなのか・・苗場山?越後山脈?それとも?など仲野先生の解説を聞きながら、自分だけの標本箱をつくりました。また、縄文人が使っていた石を探そう!ということで縄文時代に石器や石皿などに石を使われた岩石をみんなで探しました。縄文人が生活の道具などに使用していた石と同じ種類の石に触れ、なじょもんにて現在展示されている当時の道具と見比べました。小学1年生も帰るころには、石を見てその種類を言えるくらい楽しく学べる体験でした。

みんなで縄文人が使っていた石を探そう!

みんなで縄文人が使っていた石を探そう!

よーく見てみると色や質感の違いが分かる

よーく見てみると色や質感の違いが分かる

自分だけの標本箱を作成

自分だけの標本箱を作成

まずは先生の標本を見せてもらい勉強

まずは先生の標本を見せてもらい勉強