カーボンオフセットフェアに参加

カーボン・オフセット制度の利用を模索!

 苗場山麓ジオパークの保全活動のクレジットを探求する中で、カーボン・オフセット制度にたどり着きました。果たして、この制度を旨く運用できるか、これから本格的な議論が必要です。
 「J-クレジット」には、省エネルギー・再生可能エネルギー・森林呼吸系プロジャクト・工業プロセス・廃棄物・農業の6カテゴリーがあります。これら事業と連携してカーボン・オフセット商品を考える。この対象は、モノだけではなく、旅行や音楽会などのサービスやイベントでオフセットする事例があります。
 このたび、県主催のカーボンオフセットフェア(2017年1月13~15日・表参道ネスパスにて)で、苗場山麓ジオパークの素晴らしい自然環境を紹介する良い機会を得ました。今後、これらクレジットをジオパーク活動費用として、使える領域の有無とその運用方法などを研究したいと考えています。

image4

img007

IMG_9297